金属溶材株式会社は各種ろう材、フラックスのご要望にお応えします。

金属溶材株式会社

FAQよくある質問

個人でも購入可能でしょうか?
はい。可能です。
弊社顧客の9割以上は法人ですが、その他、個人経営のサイクルショップや工芸店、趣味で使用される個人様など多岐に渡ってご利用いただいております。
なお、個人様についてのお支払いは代引きか事前振込となります。
銀ろう用フラックスでも色々な種類があるが、選び方はどのようにすればよいか?
フラックスは諸成分の配合量や組合せを調整することにより、特性の幅を出しています。
特性とは活性(酸化物の除去能力)の温度域や強弱、粘度(作業性)の強弱などが挙げられますが、こうした特性とろう付け条件(母材の種類・形状、ろう材の種類、加熱方法など)との関係により一般的には決められていきます。
しかし実際には色々試してみるのが一番です。弊社では少量サンプルでお出ししております。
フラックスに使用期限はあるのか?
化学成分が一部を除き無機化学成分であり、経年変化はないですが、1年以内での使用を推奨します。
フラックスが固まってしまったが、どうすればよいか?
ペースト状のフラックスが容器の中で全体が固まってしまった場合は、容器をお湯に漬けて全体を温めてください。
またフラックスの溶媒は水ですので、加水し良く撹拌して、作業に合った粘度に調整してください。
ベーパーフラックスとはどのようなものか?
メタノールにホウ酸メチルを溶解した液状のフラックスで、ベーパータンクに入れプロパンなどと接続します。
タンクの中のフラックスが気化し、プロパン等と混合されバーナーから排出します。炎が緑色になります。
黄銅ろう付けやりん銅ろう付けなどの補助フラックスとして多く使用されます。
保存していたベーパーの容器に白い粉のようなものが付着しているが何か?
フラックス中のホウ酸化合物が気化して付着したもの(ホウ酸)で、品質等には問題ありません。
フラックス残渣を洗浄した液の処理はどのようにすればよいか?
銀ろう用フラックスでいうと化学成分中の「ホウ素・フッ素及びその化合物」が水質汚濁防止法の有害物質ですので、基本的には下記レベルになるまで水質処理が必要です。
【排出基準】・ホウ素・・・10㎎/ℓ(ppm) ・フッ素・・・8㎎/ℓ(ppm)
ろう材に使用期限はあるのか?
非鉄金属であり、基本的には使用期限はありません。
しかし外観は酸化などにより変色する場合はあります。
鉄と鉄のろう付けに使用するろう材はどれが良いか?
ろう材としては銀ろう、銅ろう、黄銅ろうが使用されます。
大気ろう付けでは銀ろうや黄銅ろう、炉中ろう付けでは銅ろうや銀ろうが多く使われています。
なお、りん銅ろうは鉄とりんで化合物(りん化鉄)を生成し、脆くなるので使用は不適です。
ステンレスとステンレスのろう付けに使用するろう材はどれがよいか?
ろう材としては銀ろう、銅ろう、ニッケルろうが使用されます。
大気ろう付けでは銀ろう、炉中ろう付けでは銀ろう、銅ろう、ニッケルろうが多く使われています。
なお、鉄と同じ理由でりん銅ろうの使用は不適です。
銅と銅のろう付けに使用するろう材はどれがよいか?
ろう材としてはりん銅ろう、銀ろう、りん青銅ろう、黄銅ろうが使用されます。
大気ろう付けではりん銅ろうや銀ろう、炉中ろう付けでは銀ろうやりん青銅ろうが多く使われています。
真鍮と真鍮のろう付けに使用するろう材はどれがよいか?
ろう材としては銀ろうやりん銅ろうが使用されます。
大気ろう付けでは銀ろうやりん銅ろう、炉中ろう付けでは銀ろうが多く使われています。
アルミとアルミのろう付けに使用するろう材はどれがよいか?
ろう材としては母材と同質の合金である4000番系(Al-Si系)が使用されます。
同質系の為、母材とろう材の融点の差が小さく、ろう付けには熟練度や厳密な温度管理が必要となります。
また前述の融点やろう付け性の問題でろう付けが困難なアルミ合金もあります。
超硬のろう付けに使用するろう材はどれがよいか?
ろう材としては銀ろうや銅ろうが使用されます。
大気ろう付けでは銀ろうが多く使われます。金属とろう付けする場合は熱膨張係数の違いから割れの恐れがあるため、緩衝材として銅板を間に残すサンドウィッチ銀ろうなどもあります。